ロゴ
HOME>Utility>企業に便利なシステム!オンライン面接で人材を確保しよう

オンライン面接って何?

オンライン面接とはウェブカメラを通じて遠隔地間でも面接できるシステムです。在宅ワーカーの採用などで多く導入されていましたが、近年では正社員採用やアルバイト採用でも導入する企業が増えているようです。

企業に便利なシステム!オンライン面接で人材を確保しよう

オフィス

オンライン面接の仕組み

オンライン面接での面接方法は主に2つあり、求職者が企業へ応募するときに、自宅のパソコンからウェブカメラを使ってリアルタイムで面接を行う方法と予め企業が用意した質問に答えていく方法があります。またスマートフォンにも画質の良いカメラが搭載されているので、スマートフォンでのオンライン面接が可能な企業も今後は増えてくるのではないかといわれています。

面接

導入する方法とは

導入方法は企業によって様々ですが、リアルタイムにコミュニケーションを取れるサービスやオンライン面接をメインに作られたサービスを使うことが多いようです。最近ではオンライン面接用に考えられた企業向けのサービスも多様化しています。

オンライン面接を導入するメリット

PCを操作する人

求職者の時間とコストの削減

地方や海外からの求職者が面接のために来社するのは、時間や交通費などのコストも大きくなってしまいます。しかし、オンライン面接ではこのコストはすべて削減できるのです。また、移動などで疲れることもないので比較的にリラックスして面接することができるでしょう。

落ち着いて面接できる

オンライン面接を受ける人は、自宅や通っている学校で撮影を行うことが多いと思われます。企業へ来社して面接を行うよりも、自分の見慣れた場所で面接を行う方が応募者も落ち着いて面接ができるのではないでしょうか。また、応募者の落ち着いた様子から普段の顔が見られる可能性が高いので、面接官にとっても応募者の普段の様子を知るきっかけともなるでしょう。

面接官の負担も削減

対面式の面接では業務時間内での面接時間の確保や、場合によっては時間外や休日に面接を行うなど面接官の負担も大きいのです。しかし、オンライン面接を導入することで、面接場所の確保や応募者の誘導などをすることなく効率よく面接することができます。

海外や地方へのアプローチがしやすい

オンライン面接を導入することにより、海外や地方からの求職者も集めやすいと言えるでしょう。就職希望者が増えることにより人手不足を解消することができる他にも、その中から有望な人材を確保することもできます。