ロゴ

多くの企業で導入されているフィンテックとは

今の情報社会においては、テクノロジーと金融を掛け合わせた技術であるフィンテックに注目されています。ICTを駆使して顧客に対するサービスを提供することにより、経費削減に繋がるのです。フィンテックが具体的にどのように使われるかを説明していきます。

フィンテックを導入する場合と導入しない場合の違いを比較

フィンテックを導入する場合

フィンテックを導入したサービス例として、スマートフォンによる決済が挙げられます。わざわざ現金を使わなくてよくなるので、必要となる機材が少ない分、企業としてはコストが減るのです。

フィンテックを導入しない場合

企業がフィンテックを導入しないと起こる問題の1つとして、経理が挙げられます。帳簿をつけるためにわざわざ紙に書いているのでは、非効率であり手間もかかるのです。作業がスムーズに進まないことが問題となるでしょう。

フィンテックでコスト削減が実現!経理をラクにしよう

メンズ

注目されているワケとは

金融サービスにおいてフィンテックを活用すると、さまざまなメリットがあります。主に効率化、セキュリティの強化、そして利便性の向上です。人々の社会においてお金をより使いやすくするため、フィンテックは重要な技術です。だから日本でも注目されるようになりました。

社内

導入に必要な費用と相場

フィンテックの導入にはIT業界に位置するSIerとの交渉が不可欠です。まだフィンテックを導入する事例も少ないため、費用については知られていません。実際にシステムインテグレーターにコンサルティングを依頼することにより、必要なコストは算出することができます。

男性と女性

トラブルがあった場合の対処法

システムを導入した会社に連絡しましょう。フィンテックはテクノロジーであるため、IT技術者でないと分からないだらけです。勝手にシステムを操作してトラブルを大きくしないよう、システムエンジニアに任せる姿勢を保つことが重要となります。

導入する際に注意したいこと

婦人

効果あるのか

フィンテックはコスト削減や効率化に非常に貢献してくれます。しかし何となくフィンテックを導入しても、有効に使えなければ意味はありません。導入した結果、しっかりとした効果があるのか確認しましょう。

費用対効果

コストパフォーマンスが適切か見ておくことも大切です。フィンテックによるコスト削減と導入する際のコストが見合っていなければ、見送ることも必要となります。

信頼性がある企業か

フィンテックはお金を扱う以上、信頼性のない企業にシステムの導入を任せると、個人情報の流出といった問題が起こる場合もあります。そのため、導入の際は信頼ある企業に任せるようにしましょう。

目的はあるか

フィンテックはただの手段です。何も目的がないのに、フィンテックを活用することはできません。フィンテックを導入して何をしたいのか、意識しておきましょう。

[PR]
フィンテックサービスを利用しよう
業務効率を大幅アップ☆

[PR]
秘書代行の申し込み
365日で利用できちゃう